Goodbye Love 和訳 – RENT

RENT の「Goodbye Love」の歌詞和訳です。
Angelの葬儀後、埋葬を待つ間(?)。
Angelの死を受け入れることができないためか、それぞれの感情が爆発します。
劇中でも屈指の感情的な曲。良いですねー。

ライミング(押韻)してるところに下線が引いてあります。マウスオーバー(スマホはタッチ)で、韻を踏んでる単語を表示できます。


(The PRINCIPALS emerge from the church.)

MIMI: (to ROGER)
It’s true
You sold your guitar and bought a car?

ROGER:
It’s true
I’m leaving now for Santa Fe
It’s true
You’re with this yuppie scum?

BENNY:
You said you’d never speak to him again

MIMI:
Not now

MAUREEN:
Who said that you have any say
In who she says things to at all?

ROGER:
Yeah!

JOANNE:
Who said that you should
Stick your nose in other people’s …

MAUREEN:
Who said I was talking to you?

(主要キャストが教会から出てくる)

MIMI: (to ROGER)
ギターを売って車を買ったって
本当なの?

ROGER:
本当
Santa Feに行くところだ
君がこのクズエリートと一緒にいるってのは
本当か?

BENNY:
もうあいつに話しかけないって言ってたよな

MIMI:
今はやめて

MAUREEN:
彼女が誰と話そうが
何か言える立場だって誰が言ってた?

ROGER:
そうだ!

JOANNE:
他所様のことに
首を突っ込めって誰が言ってた?

MAUREEN:
あなたに話してるなんて誰が言った?!

JOANNE:
We used to have this fight each night

MARK:
Calm down

JOANNE:
She’d never admit I existed

MARK:
Everyone, please!

MIMI:
He was the same way
He was always
“Run away
Hit the road
Don’t commit
You’re full of shit

JOANNE:
She’s in denial

MIMI:
He’s in denial

JOANNE:
Didn’t give an inch
When I gave a mile

MARK:
Come on

MIMI:
I gave a mile

ROGER:
Gave a mile to who?

MARK & BENNY:
Come on guys, chill!

JOANNE:
毎晩こういう喧嘩ばっかり!

MARK:
落ち着けって

JOANNE:
彼女って、私の存在なんか全然認めてくれなかった

MARK:
みんな、お願いだから!

MIMI:
彼もおんなじ
彼ってばいつだって
「あっちいけ
出て行け
それやめろ」
嘘ばっかり!!

JOANNE:
彼女は現実から目を背けてる

MIMI:
彼は現実から目を背けてる

JOANNE:
インチすらくれなかった!
マイルを与えてたのに

MARK:
頼むよ

MIMI:
マイルを与えたのに

ROGER:
誰に与えたって?

MARK & BENNY:
いい加減にしろ、頭冷やせ!

Sponsored Link

MIMI & JOANNE:
I’d be happy to die for a taste of what Angel had
Someone to live for
Unafraid to say “I love you”

ROGER:
All your words are nice, Mimi
But love’s not a three way street
You’ll never share real love
Until you love yourself
I should know

COLLINS:
You all said you’d be cool today
So please
For my sake
 
I can’t believe he’s gone
(to ROGER) I can’t believe you’re going
I can’t believe this family must die
Angel helped us believe in love
I can’t believe you disagree

ALL:
I can’t believe this is goodbye

MIMI & JOANNE:
Angelと同じように死ねるならどんなに幸せか
添い遂げる人に愛を伝えるのに
恐れることなんてない

ROGER:
ご立派な言葉ばかりだな、Mimi
だが愛ってのは三方向じゃない
お前は自分自身を愛するまで
一度たりとも本当の愛を分けてくれないだろう
もっと早くに知っておくんだった

COLLINS:
今日はクールに行くってみんな言ってたろ
だから頼む
俺のためにだ
 
彼が逝ってしまったなんて信じられない
(Rogerに) お前が行ってしまうなんて信じられない
このファミリーが終わるなんて信じられない
Angelは俺たちに愛を信じることを教えてくれた
言い争うなんて信じられない

ALL:
これでさよならなんて信じられない

Sponsored Link

(MAUREEN and JOANNE look at each other.)

MAUREEN:
Pookie…

JOANNE:
Honeybear…

(They embrace.)

JOANNE:
I missed you…

MAUREEN:
I missed your smell…

JOANNE:
I missed your mouth…Your…

(They kiss, but MAUREEN pulls away.)

MAUREEN:
Ow!

JOANNE:
What?

MAUREEN:
Nothing, Pookie.

JOANNE:
No, baby, you said ow…What?

MAUREEN:
Well, you bit my tongue…

JOANNE:
No, I didn’t.

MAUREEN:
You did
I’m bleeding.

JOANNE:
No, it isn’t…

MAUREEN:
I think I should know

JOANNE:
Let me see

MAUREEN:
She doesn’t believe me!

JOANNE:
I was only trying to…

(They laugh, hug, and wave goodbye, exiting stage right.)

(The PASTOR from the church emerges on the above.)

PASTOR:
Thomas B. Collins…

COLLINS:
Coming.

(The PASTOR exits above and COLLINS exits into the church.
BENNY stands off to the side as MIMI approaches ROGER, who turns away.
She hesitates before leaving with BENNY.
ROGER and MARK are left alone.)

(MaureenとJoanneが見つめ合う。)

MAUREEN:
プーキー…

JOANNE:
Honeybear…

(抱き合う)

JOANNE:
寂しかった

MAUREEN:
あなたの匂いが

JOANNE:
あなたの唇が…あなたの…

(キスする。が、Maureenが突き放す)

MAUREEN:
いたっ

JOANNE:
え?

MAUREEN:
大丈夫、プーキー。

JOANNE:
いや、痛いって言った。何?

MAUREEN:
うん、舌かんだでしょ

JOANNE:
してないわよ

MAUREEN:
しました!
血が

JOANNE:
出てないわよ

MAUREEN:
出てるんだけど!

JOANNE:
見せてよ!

MAUREEN:
ほらこの人は信じてくれない!

JOANNE:
私はただ…!

(笑い、抱き合い、バイバイをしながら上手に退場)

(ステージ上方に、牧師が教会から出て来る。)

PASTOR:
Thomas B. Collins

COLLINS:
行きます。

(上方の牧師は退出し、Collinsも教会へ消える。
MimiがRogerに近づき、Bennyは脇に置いていかれる。が、Rogerは向こうを向いてしまう。
MimiはBennyと去る前に、躊躇する。
RogerとMarkは二人残される。)

Sponsored Link

MARK:
I hear there are great restaurants out west

ROGER:
Some of the best
How could she?

MARK:
How could you let her go?

ROGER:
You just don’t know
How could we lose Angel?

MARK:
Maybe you’ll see why
When you stop escaping your pain
At least now if you try
Angel’s death won’t be in vain

ROGER:
His death is in vain

(MIMI reappears up left, in the shadows. She overhears ROGER and MARK’s conversation.)

MARK:
Are you insane?
There so much to care about
There’s me
There’s Mimi

ROGER:
Mimi’s got her baggage, too

MARK:
So do you

ROGER:
Who are you to tell me what I know
What to do

MARK:
A friend

ROGER:
But who, Mark, are you?
“Mark has got his work”
They say
“Mark lives for his work”
And
“Mark’s in love with his work”
Mark hides in his work

MARK:
But from what?

ROGER:
From facing your failure
Facing your loneliness
Facing the fact
You live a lie
 
Yes, you live a lie
Tell you why
You’re always preaching not to be numb
When that’s how you thrive
You pretend to create and observe
When you really detach from feeling alive

MARK:
Perhaps it’s because
I’m the one of us to survive

ROGER:
Poor baby!

MARK:
西には良いレストランがいくつかあるらしいな

ROGER:
その中のどれかさ
どうして彼女は…

MARK:
どうして彼女を行かせた?

ROGER:
お前には関係ないね
なんでAngelは死んだ?

MARK:
自分の苦しみから逃げるのをやめれば
もしかしたらわかるかもな
今なら少なくとも
Angelの死は無駄にならない

ROGER:
あいつは無駄死にだ!

(Mimiが左の暗がりに現れ、RogerとMarkのやり取りを聞いてしまう。)

MARK:
正気か?
気にすることがあるだろう
僕にだって
Mimiにだって

ROGER:
Mimiにだって重荷がある

MARK:
お前はどうなんだ

ROGER:
俺のこと知ったような口を利く
お前は何様だ

MARK:
友達だ

ROGER:
そうか、だがお前は何者だ?
「Markには仕事がある」
みんな
「Markは仕事に生きている」
とか
「Markが愛してるのは仕事」だと
Markは仕事に隠れてる

MARK:
何から!

ROGER:
失敗と向き合うことから
孤独と向き合うことから
事実と向き合うことからだ
お前のは偽りの生活だ
 
そう、偽りの生活だ
どういうことか言ってやる
お前はいつも無感覚になるなと説教するが
それが生きがいになってるんだ
お前は創造と観察するふりをして
実際には生の実感を切り離しているんだ

MARK:
仲間内で生き残る一人だからかもな

ROGER:
哀れなやつ!

Sponsored Link

MARK:
Mimi still loves Roger
Is Roger really jealous
Or afraid that Mimi’s weak

ROGER:
Mimi did look pale

MARK:
Mimi’s gotten thin
Mimi’s running out of time
Roger’s running out the door

ROGER:
No more!
Oh, no!
I’ve gotta go

MARK:
Hey
For somebody who’s always been let down
Who’s heading out of town?

ROGER:
For someone who longs for a community of his own
Who’s with his camera
Alone?
(ROGER takes a step to go, then stops, turns.)
I’ll call
I hate the fall
(ROGER turns to go and sees MIMI.)
You heard?

MIMI:
Every word

MARK:
MimiはまだRogerを愛してる
Rogerは本当に妬いてるのか
それともMimiの体が弱いことを恐れているのか

ROGER:
Mimiは顔色悪かった

MARK:
Mimiは痩せてきた
Mimiの時間はなくなろうとしてる
Rogerはドアからいなくなろうとしてる

ROGER:
やめろ
よしてくれ
もう行く

MARK:
おい!
倒れてる人がそこにいるのに
街から出ていくやつがあるか!

ROGER:
自分のコミュニティーを待ち望んでいるのに
誰がカメラと一緒に過ごすやつがあるか!
ひとりで!
(Rogerは行こうとするが、立ち止まって振り返る)
連絡する
秋は嫌いだ
(Rogerはまた行こうとするが、Mimiを見つける)
聞いてたのか?

MIMI:
全部

Sponsored Link

MIMI:
You don’t want baggage
Without lifetime guarantees
You don’t want to watch me die
I just came to say
Goodbye, love
Goodbye, love
Came to say
Goodbye, love
Goodbye

MIMI:
Just came to say
Goodbye, love
Goodbye, love
Goodbye, love
Goodbye!

ROGER:
 
Glory
One blaze of
Glory
I have to find…

(ROGER exits. BENNY returns. MIMI steps away.)

MIMI:
Please don’t touch me
Understand
I’m scared
I need to go away

MARK:
I know a place
A clinic

BENNY:
A rehab?

MIMI:
Maybe
Could you?

BENNY:
I’ll pay

MIMI:
Goodbye, love
Goodbye, love
Came to say
Goodbye, love
Goodbye
Just came to say
Goodbye, love
Goodbye, love
Goodbye, love
Hello, disease

MIMI:
いつまで生きるか保証のない
重荷はいらないものね
私が死ぬのを見たくないものね
ただ言いに来ただけだから
愛する人、さようなら
愛する人、さようなら
言いに来ただけ
愛する人、さようなら
さようなら

MIMI:
言いに来ただけ
愛する人、さようなら
愛する人、さようなら
愛する人、さようなら
さようなら

ROGER:
 
栄光を
栄光の
きらめきを
見つけなければ…

(ROGER退場。BENNY再登場。MIMIは行こうとする。)

MIMI:
触らないで
わかったの
怖い
どこか行かなきゃ

MARK:
どこかっていったら
病院だ

BENNY:
リハビリ?

MIMI:
とか?
できれば…

BENNY:
金は出す

MIMI:
愛する人、さようなら
愛する人、さようなら
言いに来たの
愛する人、さようなら
さようなら
言いに来ただけ
愛する人、さようなら
愛する人、さようなら
愛する人、さようなら
病気さん、よろしくね

(MIMI runs away. After a moment, COLLINS quickly enters, with the PASTOR trailing behind him.)

PASTOR:
Off the premises now
We give no handouts here!

MARK:
What happened to Rest In Peace?!

PASTOR:
Off the premises, queer!

COLLINS:
That’s no way to send a boy to meet his maker!
They had to know we couldn’t pay the undertaker.

BENNY:
(To COLLINS)
Don’t you worry ‘bout him.
(To PASTOR)
Hey, I’ll take care of it!

(The PASTOR acknowledges BENNY and exits.)

MARK:
Must be nice to have money.

BENNY & COLLINS:
No shit!

COLLINS:
I think it’s only fair to tell you.
You just paid for the funeral of the person who killed your dog.

BENNY:
I know.
I always hated that dog.
Let’s pay him off, and then get drunk.

MARK:
I can’t.
I have a meeting.

BENNY & COLLINS:
Punk!
Let’s go.

(COLLINS and BENNY exit.)

MARK:
Hi.
Mark Cohen here, reporting for Buzzline.
Back to you, Alexi!
Coming up next, vampire welfare queens who are compulsive bowlers…
 
Oh my God, what am I doing?

(Mimiは走って行ってしまう。すぐに牧師に追われたCollinsが入ってくる。)

PASTOR:
今すぐ敷地から出て行け!
施しするところじゃないんだぞ!

MARK:
安息の地とは何なんだ?!

PASTOR:
敷地から出て行け!ホモめ!

COLLINS:
彼を創り給うた神のもとへ送ることもできない!
葬儀屋に払う金がないとは。

BENNY:
(Collinsに)
彼のことは心配するな。
(牧師に)
おい、俺にまかせろ。

(牧師はBennyを認識して退場)

MARK:
金があるってのもいいな。

BENNY & COLLINS:
そらそうだ。

COLLINS:
公平のために言おうと思うが、
お前らの犬を殺した人間の葬儀代を払うんだぞ?

BENNY:
わかってるさ。
あの犬は前から嫌いだった。
払うもの払って、飲みに行こうぜ。

MARK:
僕はダメだ。
ミーティングがある。

BENNY & COLLINS:
使えねえな。
行こうぜ。

(CollinsとBenny退場)

MARK:
はいどうも!
Buzzlineのリポーター、Mark Cohenです。
Alexi、そちらにお返しします!
続いては、ナマポ暮らしのボウリングに取り憑かれた吸血鬼女です…
 
なんだこれは、僕は何してる?


気づいたこととか。

  • みんなバラバラになると思いきや、案外関係を保ったりしていますね!
    • Roger & Mimi:喧嘩別れでさよなら~。
    • Roger & Mark:Mimiのことで言い争ってたと思ったら人格攻撃気味になってしまいさよなら~。
    • Maureen & Joanne:喧嘩しつつも元の鞘?
    • Collins & Angel:Angelが天に召されてさようなら。こりゃどうしようもない。
    • Collins & Benny:まさかの意気投合。
  • Roger, Mark, Collins, Bennyは、実は元ルームメイトでした!なので、CollinsのBennyに対する態度は、最近のセレブ化っぷりが気に食わなかっただけで、本当は気が合うのでしょう。
  • 死別を除けば、関係悪化はRoger近辺だけ…。これRogerの性格に問題があるのでは…w
  • MarkがRogerに、「Mimi’s gotten thin / Mimi’s running out of time / Roger’s running out the door」と精神的波状攻撃をするところ大好き。
    • その後のRogerの「No more! / Oh no」も好き。
    • このへんの伴奏は、Halloweenの伴奏を引き継いでます。Markの精神的な色を表現しているのでしょうか?
  • Mimiが物陰から会話を聞くのは、元ネタ(?)のLa Bohèmeにもあるようです。
  • Markが紹介するBuzzlineの次のテーマは、「welfare queen」(=社会福祉制度を悪用して多額の生活保護費や福祉給付金などをだまし取る女性)というところを、下品なワイドショーネタとして訳しました。一体なんの特集なんだ。
    • このリポート、「imagining(想像しながら)」と書いてあるスクリプトも発見しました。
    • 私の解釈では、実際にTVデビューしてイヤになったんだと思ったのですが、違うのかな?


コメントを残す