(YouTube和訳)PatがPolamaluに人生を破滅させられた話

久しぶりにNFL(アメフト)の話。
もう引退してしまった選手ですが、Pittsburgh Steelers の Tyoy Polamalu が、一番のお気に入りの選手でした。
なぜかボールの近くにいる能力、これまで見たことのないようなプレー、泣く子も黙るハードヒッター、それでいて毎プレークロスを切る敬虔なクリスチャン、趣味はピアノやガーデニング、そして装具をつけていてもひと目でそれとわかるヘアスタイル(重要)。
すべてが魅力的な選手でした。

その選手について、同カンファレンスで対戦したことのあるIndianapolis Coltsの元パンターPat McAfeeが、自身のラジオ(かな?)で地元でタッチダウンを決める夢を破壊された話を語っています。
題して「Pat Talks About How Troy Polamalu Ruined His Life」、
「PatがPolamaluに人生を破滅させられた話」を和訳します。

そのラジオはこの動画ですので、聞きながら和訳をどうぞ。


PAT MCAFEE:
Let me tell you a little story
About these statistics.
Troy Polamalu, k?
F*cking Troy Polamalu.

PAT MCAFEE:
統計学について
ちょっとお話しよう。
Troy Polamaluだ。いいか?
くそいまいましいTroy Polamaluだ。

PAT MCAFEE:
So, we had a fake
For the Pittsburgh Steelers.
That was a 100 percenter.
We didn't even have a cancel the God damn play
Because it was a 100 percenter.
If we ever end up in this situation;
Inside the 7-yard line
On the left hash
It is a 100-percenter
That the c-gap will be wide open
And we will just part the sea to the left
It'll be a touchdown.
100-percenter

PAT MCAFEE:
さてオレらはひとつフェイクプレイを用意した。
ピッツバーグ・スティーラーズに対してだ。
100%決まるやつだ。
一度たりともプレーを中止したことすらないやばいプレーだ。
なんたって100%だからな。
状況はこうだ:
敵陣7ヤードより深いところ
左ハッシュマークにボールが置かれたって状況だ。
100%間違いなく
Cギャップがワイドオープンになる。
左の海が別れて道ができるようなもんだ。
必ずタッチダウンになる。
100%だ。

Sponsored Link

PAT MCAFEE:
We're playing in Pittsburgh the city
I grew up in.
I grew up in Pittsburgh
I won the Punt, Pass, And Kick.
National Championship, AJ.
National Championship, AJ.

A. J. HAWK:
Congrats

PAT MCAFEE:
AJ, did you ever win
The National Championship Punt, Pass, And Kick?"

A. J. HAWK:
I think I god 3rd or 4th out of 4 at the Nationals.

PAT:
I'm proud of you man, anyways.

PAT MCAFEE:
ピッツバーグでの試合だ。
オレが育った街だ。
オレはピッツバーグで育った。
Punt, Pass, And Kick で優勝したんだぜ。
(訳注:15歳までの子供がパント、パス、キックの3種目で競うイベント)
ナショナルチャンピオンシップでだ。AJ。
ナショナルチャンピオンシップだぞ。AJ。

A. J. HAWK:
やるじゃん

PAT:
AJ、Punt, Pass, And Kickのナショナルチャンピオンシップで
優勝したことあるか?

A. J. HAWK:
ナショナルだと4人中3位か4位だったかな。

PAT:
なんにせよ、お前はすごいけどな

PAT MCAFEE:
So we're there in that stadium, k?
A lot of McAfee's in there.
A lot of McAfee's in Pittsburgh.

PAT MCAFEE:
そう、あのスタジアムの話だ。いいよな?
敵地なのにMcAfeeのジャージ着たやつがいっぱいいた。
ピッツバーグにオレのジャージ着たやつがいっぱいいたんだよ。
(訳注:Patの地元)

PAT MCAFEE:
I'm gonna score my first f*cking touchdown.
Night game.
Sunday Night Football I believe it was.
Right here.
Touchdown.

PAT MCAFEE:
オレのキャリア初タッチダウンを決めようとしてるわけだ。
ナイトゲーム。
たしかサンデーナイトフットボールだったっけな。
ついにそのときだ。
タッチダウンだぜ。

PAT MCAFEE:
We get into that situation
And I'm like "holy f*ck this is really gonna happen."
We're like on the 6, on the left hash.
It's 4th down and Goal now.
Field goal team is jogging on and I'm like "We'll f*ck"

PAT MCAFEE:
あのスタジアムに入って
「やべえまじでこんなことが起こるなんてな」って感じだ。
ボールは6ヤードラインの左ハッシュマークに置かれてる。
4thダウン・ゴールだ。
フィールドゴールユニットが小走りに入るだろ
「やってやるぜ」ってな感じでな

PAT MCAFEE:
It's about to...I'm ... This is
I gotta f*cking the ...
I'm ready.
I'm ready for this to happen.
So I get out there.
I get down.

PAT MCAFEE:
きたぜ…オレは…これは…
これからっちゅーと…
準備オーケーだ。
これから起きることの準備ができている。
そう、サイドラインから出てきて、
フィールドに立ったんだ。

PAT MCAFEE:
Vinny's like happy for me.
Vinny's like very exceited
He's like "Let's f*ckning go"
Like Vinny's excited for me at this moment,
I'm like here we go.

PAT MCAFEE:
ヴィニー(ヴィナティエリ)は「やったじゃん」てな感じで
めっちゃ興奮して
「やったろうぜー!」ってな感じだ。
そのときまではヴィニーは興奮してて、
オレは「よしやるぞ」ってな。
(訳注:ヴィナティエリはキッカー。このフェイクプレイでキックを蹴るフリをするはずの選手。)

Sponsored Link

PAT MCAFEE:
So I make the call
I forget what it was
So I start saying it, right?
And everybody's looking at me like "okay"
Bright eyes, here we go
Let's get after it
Offensive lineman are deadass tired
They do not want to be in the middle of a field goal anyways
So they're just like Alright
I don't give a f*ck if you die here
But this should work
Let's get some points

PAT MCAFEE:
そうプレーコールを決めて、
何という名前だったかは忘れたが、
そのプレーを言ったわけだ。な?
そしたらみんなが「了解」ってな感じでオレをみて
「よしやろう」って目を輝かせて
ラインアップしにいくのについて行った
オフェンスラインはみんな死ぬほど疲れてたから
フィールドゴールユニットにも居たくなかったろうが、とにかく
奴らはみんな「よっしゃ」
ラインがそこで死のうがオレは知ったこっちゃないが
とにかくこれはうまくいく
点を取ろうや

PAT MCAFEE:
And all of the sudden I go through my cadence
I call it
I get down
And Troy Polamalu's f*cking ass goes ahead for ...

PAT MCAFEE:
だが掛け声を出した途端のことだった。
コールして、
屈むと、
あのくそいまいましいトロイ・ポラマルのやろうが動いてきて…

PAT MCAFEE:
How ever long his career was at this point
I think it was like 9 years or 8 years at this point
Not a once has he ever gone
To this side of the field
Over here to the left in cover
Stood right in the c-gap
Never
He lined up exactly where he had lined in film
a hundred percent of the time
and then as soon as I got to like the 2nd cadence right before set

PAT MCAFEE:
そのときやつのキャリアは何年目だったか
9年目だか8年目だったと思うが
(訳注:本当は12年目。キャリア最後となるシーズン)
それまで一度として
こっちのサイドにやってきて
左側のそこに陣取るなんてなかった。
まさにCギャップだ。
一度たりともだ。
やつはフィルム分析(座学で相手の作戦を分析する)どおりのところに陣取ったと思ったら
そのときまで100%だったのに
セットする直前の第2ケイデンスをやろうとするとすぐに…

PAT MCAFEE:
He just bounced his little ass right over to the c-gap
And I like stopped everything I was doing
And I just literally looked at him
And I gave him like a, "what the f*ck are you doing, man"
Like "why are you there"
"Right now?"

PAT MCAFEE:
やつはちびっこい体をそのCギャップに弾ませて来やがった
オレはやってたことを全部やめた
ガチでやつを見て
「まじでなにしてくれてんの」って感じだ
「なんでそこにいんの??」
「いま??」ってな

PAT MCAFEE:
And then I stood up and said
"We are kicking it!"
"We don't have... we have to kick it"
"We are kicking this"
And then I get down
And Vinatieri kicks it

PAT MCAFEE:
オレは立ち上がって
「キックだ!」って言った
「キックじゃないと…あれだ!」
「キックだからな!」
で、オレは屈んで、
ヴィナティエリがキックを決めた

PAT MCAFEE:
And I jog off the field
And Chuck Pagano comes running up next to me
He's like, "hey good job, what'd you see?"
I said, "what did I see? Polamalu!
Just f*cking went right into the God damn c-gap!"
What did I see?
What did I see?
And he goes "okay, sounds good. Good call then"
And a "good call then?"

PAT MCAFEE:
でフィールドから走って出ていくときに
チャック・パガーノ(ヘッドコーチ)が走ってきて
「グッジョブ、何があった」
オレは「何があったかって?ポラマルですよ!
なんでか知らんがCギャップに来たんだよちくしょう!」
何があったかって?
何があったかって?
コーチは「わかった。よし。よく判断した。」って
「よく判断した」だと??

PAT MCAFEE:
And then Vinatieri's like "hey way to go buddy"
I'm like "way to go?"

PAT MCAFEE:ヴィナティエリは「おい、よくやったな」って
「よくやった」だと??

PAT MCAFEE:
Are we not gonna talk about how big of f*cking asshole Troy Polamalu is?
For what just happened right there
So that's ..

PAT MCAFEE:
くそやろうのポラマルがなんでそこにいたかの話はないのかよ!
ついさっきそこで起こったことだぞ
だから

Sponsored Link

JERRY THORNTON:
I say the angel of death waiting for me at this in the c-gap

JERRY THORNTON:
そのときCギャップには死の使いが待ちかねてたってわけね

PAT MCAFEE:
It's unbelievable
What, you thought I was going to run him over?
No way!
I'm gonna to get ...
He's probably gonna strip me
And score a touchdown the other f*cking ...
That's Polamalu, bro!

PAT MCAFEE:
ありえねえ!
なん…やつに向っていくとでも思ったんか?
無理すぎる!
絶対持ってるボールを掻き出されて
別のほうにタッチダウンを決められるだろうよ!
ポラマルだぞ!

PAT MCAFEE:
That ain't just some...
Your backyard football with your son
This is, these are professional f*cking athletes
He'd probably jump over the linemen
Pick me up
And run me into the other f*cking end zone
If he wanted to
That's what he would have done

PAT MCAFEE:
息子と庭でやるフットボールとは
わけが違うんだぞ
これは…みんなプロのアスリートだ!
絶対ラインマンを飛び越えて
オレを担ぎ上げて
やろうと思えば
そのまま逆のエンドゾーンまで運びやがるだろうよ
それがやつがやろうとしてたことだ

JERRY THORNTON:
The hardest hitting safety of his generation too.
I mean, Ed Reed, great cover safety,
I don't know if you would have feared him but ...

JERRY THORNTON:
その世代のセーフティーで一番のハードヒッターだもん
つまり、ものすごいカバーセーフティーのエド・リードが…
君がエド・リードを恐れていたかは知らないけど…

PAT MCAFEE:
Ed Reed!
I would have feared Ed Reed
Yeah if I saw Ed Reed in that c-gap
Absolutely ...
E-D-Reed, boy!
The best safety you ever seen, boy
I ain't doning shit to Ed Reed

PAT MCAFEE:
エド・リード!
恐ろしかったさ!
Cギャップにエド・リードがいたらって
マジで…
エ!ド!リードだぞ!
史上最高のセーフティだぞ!
相手になるわけない!

JERRY THORNTON:
No, no
Ed Reed would have made the tackle
I'm saying that
Polamalu would have shaved years off your life

JERRY THORNTON:
いやいやいや
エド・リードもタックルを決めるだろうが
僕が言いたかったのは
ポラマルは寿命を何年か削ってくるっていうか

PAT MCAFEE:
Ah
Oh my God
Oh my God

PAT MCAFEE:
ああっ
最悪だ
最悪だ


実際のその時の中継映像はこれです。

ポラマルはすでにCギャップにいて移動するところは映っていませんが、Pat McAfeeがキックをするぞとジェスチャーしているところからヘッドコーチが駆け寄って話をするところまで映っています。これは面白い。

ちなみに、ポラマルがCギャップに移動したプレイは、ポラマル自身果敢にラッシュしています。恐ろしい。

で、それより前にあったフィールドゴールでは、たしかにCギャップにはおらず、右のほうに位置しています。

後日談で、なぜCギャップに移動したかをポラマル自身が答えている動画と、それを見ながらPat McAfeeらがワイワイするショーの動画も別にありますので、後日和訳したいですね!(10分超の口語の動画なので私の能力だと厳しいか??)

コメントを残す