We’re Okay 和訳 – RENT

RENT の「We’re Okay」の歌詞和訳です。
Joanneが、2つの受話器で3人の相手とかわるがわる話をする、目まぐるしい曲です。ミュージカルらしくて楽しいです。

ライミング(押韻)してるところに下線が引いてあります。マウスオーバー(スマホはタッチ)で、韻を踏んでる単語を表示できます。


(The pay phone)
JOANNE TO MAUREEN:
 
 
 
 
 
Honeybear, wait!
I’m on the other phone
Yes, I have the cowbell
We’re okay
 
 
 
 
 
No you cut the paper plate
Didja cheat on Mark a lot would you say?
We’re okay
 
Honey, hold on …
 
 
 

(The cellular phone)
JOANNE TO STEVE:
Steve, Joanne
The Murget case?
A dismissal!
Good work counselor
We’re okay
 
 
 
 
So tell them we’ll sue
But a settlement will do
Sexual harassment
And civil rights too
Steve, you’re great
 
 
 
Steve, I need a … hold on..
 

(JOANNE presses the call-waiting button on the cellular phone)
JOANNE TO UNKNOWN:
Hello? A-ha-ha

(公衆電話)
JOANNE TO MAUREEN:
 
 
 
 
 
ハニー、待って
別の電話に出てるの
うん、カウベルは用意したわ
大丈夫よ
 
 
 
 
 
いいえ、あなたが紙皿を切るのよ
Markのときは浮気ばかりしてたですって?
私たちは大丈夫よね
 
ちょっと待ってね
 
 
 

(携帯電話)
JOANNE TO STEVE:
Steve、Joanneよ
Murgetの件は?
棄却!
お疲れ様、先生
よかったわ
 
 
 
 
じゃあ告訴すると伝えて
でも和解に持ち込むわよ
セクハラと
平等権の件も
Steve、素晴らしいわ
 
 
 
Steve、それと…ちょっと待って
 

(携帯電話の保留ボタンを押す)
JOANNE TO UNKNOWN:
もしもし?あっはっは

Sponsored Link

JOANNE TO MAUREEN:
 
 
 
 
Honeybear, what?
Newt’s lesbian sister
I’ll tell them
 
They heard
We’re okay
 
 
Jill, with the short black hair?
The Calvin Klein model?
 
The model who lives in Penthouse A???
 
We’re …
We’re okay
I’m on my way

JOANNE TO MR.JEFFERSON:
Dad, yes
I beeped you
Maureen is coming to Mother’s hearing
We’re okay
 
 
 
You heard?
 
 
And to you dad

(JOANNE presses the call-waiting)
JOANNE TO STEVE:
 
 
Steve gotta …
 
Steve, gotta go!
 
 

JOANNE TO MAUREEN:
 
 
 
 
なあに?えっ?
Newtにレズビアンの妹がいる?
伝える
 
聞こえてたって
いいわね
 
 
 
黒髪ショートのJillといる?
Calvin Kleinのモデル?
 
ペントハウスAに住んでるモデルですって???
 
大丈夫…
私たちは大丈夫よ(独り言)
すぐ行くわ

JOANNE TO MR.JEFFERSON:
お父さん、そう
鳴らした
お母さんの公聴会にMaureenも行くって
よかったわ
 
 
 
聞いてた?
 
 
はい、お父さんもね

(保留ボタンを押す)
JOANNE TO STEVE:
 
 
Steve、じゃあ…
 
Steve、じゃあ切るわね!
 
 
 


気づいたこととか。

  • 何度も歌われる「We’re okay」、上手な訳が思いつきません。
  • JoanneがMaureenに対して使う「honeybear」。この呼びかけは、女性が男性に使うものだそうです。
  • Maureenとの会話は、あちこち飛んで意味が取りにくいですね!訳が正しいかわからないです。
    • Joanneが用意したカウベル(牛につけるベル)は、結局パフォーマンスには使われなかったようですね。
    • Maureenが切るという紙皿は、Maureenが叩く「コン」と音がするものに使われたのかも?(プリングルスの容器が使われてる映像がある…)
    • 「Newt’s lesbian sister」ですが、Newt Gingrichの政治家にCandace Gingrichという、父が違う妹がいるようですが、その話と思われます。
      • Maureenが驚いているのを見ると、RENTの時代はまだその事実が世に出ていないが、Maureenが聞きつけたということなのかもしれません。
  • 「Mother’s hearing」は、おそらくVoice Mail #2で言っていたものと同じでしょう。
  • Joanneに浮気(まがいのこと)をしていることを隠さずに言ってしまうあたりが、Maureenの性格なんでしょう。

コメントを残す