Contact 和訳 – RENT

RENT の「Contact」の歌詞和訳です。
艶めかしい声とともに、キャストがそのような仕草で踊ります。照明の具合もそんな感じです。
一方で、Angelも激しく快楽を求め、同時に今際の際の苦しみも表現します。
シーツとかセリフとか、様々な解釈を呼ぶ曲になっているようです。

ライミング(押韻)してるところに下線が引いてあります。マウスオーバー(スマホはタッチ)で、韻を踏んでる単語を表示できます。


(The COMPANY forms two main groups. As the music begins, a group of dancers start a sensual life and death dance, while a group of actors gather around a table centerstage to speak words of passion which punctuate the dancing. Eventually, the actors converge on the table and cover themselves with a white sheet, while moving to the music.)

GROUP A (ROGER, MARK, JOANNE, BENNY):
Hot, hot, hot, sweat, sweet
Wet, wet, wet, red heat
 
Hot, hot, hot, sweat, sweet
 
 
 
 
 
 
 
 
Wet, wet, wet, red heat
 
 
 
 
 
Please don’t stop please
 
 
 
Please don’t stop stop
Stop stop stop don’t
Please please please please
 
 
Hot, hot, hot, sweat, sweet
 
 
 
 
 
 
 
 
Wet, wet, wet, red heat
 
 
 
 
 

GROUP B (MIMI, COLLINS, MAUREEN, ANGEL):
Hot, hot, hot, sweat, sweet
Wet, wet, wet, red heat

COLLINS:
Touch!

MAUREEN:
Taste!

MIMI:
Deep!

COLLINS:
Dark!

MAUREEN:
Kiss!

COLLINS:
Beg!

MIMI:
Slap!

MIMI, MAUREEN & COLLINS:
Fear!

COLLINS:
Thick!

MIMI, MAUREEN & COLLINS:
Red, red
Red, red
Red, red, please

MAUREEN:
Harder

ANGEL:
Faster

MAUREEN:
Wetter

MIMI:
Bastard!

COLLINS:
You whore!

MAUREEN:
You cannibal!

MIMI & ANGEL:
More!

MAUREEN:
You animal!

GROUP A:
Sticky
Licky
Trickle
Tickle
Steamy
Creamy
Stroking
Soaking

MIMI, MAUREEN & COLLINS:
Fluid no
Fluid no
Contact yes
No contact
Fire
Fire
Burn
Burn

ALL:
Yes!
No latex rubber
Rubber
Fire latex rubber
Latex bummer
Lover bummer

Sponsored Link

(演者たちは2つのグループに別れる。音楽が始まると、片方のグループは官能的な生と死のダンスを踊り、もう一方のグループはステージ中央のテーブルに集まり、ダンスを強調する色情の単語を発する。最後には、演者たちはテーブルに乗り自分たちを白い布で覆い、音楽に合わせて動く。)

GROUP A (ROGER, MARK, JOANNE, BENNY):
熱い 熱い 熱い 汗 快楽
濡れて 濡れて 濡れて 激しい興奮
 
熱い 熱い 熱い 汗 快楽
 
 
 
 
 
 
 
 
濡れて 濡れて 濡れて 激しい興奮
 
 
 
 
 
お願い やめないで お願い
 
 
 
お願い やめないで やめて
やめて やめて やめて いやだ
お願い お願い お願い お願い
 
 
熱い 熱い 熱い 汗 快楽
 
 
 
 
 
 
 
 
濡れて 濡れて 濡れて 激しい興奮
 
 
 
 
 

GROUP B (MIMI, COLLINS, MAUREEN, ANGEL):
熱い 熱い 熱い 汗 快楽
濡れて 濡れて 濡れて 激しい興奮

COLLINS:
触れ!

MAUREEN:
味わって!

MIMI:
奥に!

COLLINS:
Dark!

MAUREEN:
キスして!

COLLINS:
おねだりは!

MIMI:
はたいて!

MIMI, MAUREEN & COLLINS:
怖がれ!

COLLINS:
太い!

MIMI, MAUREEN & COLLINS:
赤 赤
赤 赤
赤 赤 お願い

MAUREEN:
激しく!

ANGEL:
早く!

MAUREEN:
濡らして!

MIMI:
ろくでなし!

COLLINS:
あばずれめ!

MAUREEN:
鬼!

MIMI & ANGEL:
もっと!

MAUREEN:
けだもの!

GROUP A:
ベトベト
ペロペロ
ポタポタ
ゾクゾク
ムンムン
ドロドロ
ガンガン
ビショビショ

MIMI, MAUREEN & COLLINS:
体液 だめ
体液 だめ
接触 いい
接触 だめ
燃やせ
燃やせ
焦がせ
焦がせ

ALL:
いい!
コンドームなし
ゴム
コンドームを燃やせ
残念なゴム
恋人たちをがっかりさせるもの

Sponsored Link

(The music explodes into a fevered rhythmic heat as ANGEL is revealed in a lone spotlight, dancing wildly.)

ANGEL:
Take me
Take me …
Today for you
Tomorrow for me
Today me
Tomorrow you
Tomorrow
You, love
You, love
You, love
I love you
I love you
Take me
Take me
I love you

(The music dies as ANGEL vanishes.)

ROGER:
Um

JOANNE:
Wait

MIMI:
Slipped

COLLINS:
Shit

JOANNE:
Ow!

ROGER:
Where’d it go?

MIMI:
Safe?

COLLINS:
Damn

MAUREEN:
I think I missed
Don’t get pissed

ALL:
It was bad for me
Was it bad for you?

JOANNE:
It’s over

MAUREEN:
It’s over

ROGER:
It’s over

MIMI:
It’s over

COLLINS:
It’s over

(音楽が熱いリズムを刻むようになり、スポットライトを浴びたAngelが現れ、荒々しく踊る。)

ANGEL:
抱いて
抱いて
今日はあなたのため
明日は私のため
今日は私
明日はあなた
明日は…
愛するあなた
愛するあなた
愛するあなた
愛してる
愛してる
抱いて
抱いて
愛してる

(Angelが消えると同時に音楽も消える)

ROGER:
うー

JOANNE:
待って

MIMI:
外れたわ

COLLINS:
くそっ

JOANNE:
いたっ!

ROGER:
どこいった?

MIMI:
大丈夫なの?

COLLINS:
くそう

MAUREEN:
やり損なったわ
怒らないでね

ALL:
私はだめだった
あなたもだめだった?

JOANNE:
終わりよ!

MAUREEN:
終わりよ!

ROGER:
終わりだ!

MIMI:
終わりよ!

COLLINS:
終わった



気づいたこととか。この曲は特に異論あるかと思いますが、あくまで私の解釈です。

  • まずシーツ。
    • コンドームだと思います。初見でそう思ったので、その直感を信じて。ちゃんと歌詞にも出てくるし。
    • キャストたちは「燃やせ」とまで言ってます。
      • 快楽ばかり追い求めることへの(逆説的な)警鐘かな?
  • Take Me Or Leave Me」と同じ歌詞「take me」とAngelが歌います。先の曲では「私を受け入れて」という意味で歌っていましたが、この曲では「抱いて」でしょうかね。
  • あれだけ快楽を追い求めていたのに、曲の終わりではみなさん消化不良の様子。そしてAngelの命が終わります。
  • 「It was bad for me, was it bad for you?」は、HIV感染の話な気がします。
  • なかなかきわどい単語があるので、訳すのに変な気を使ったw

コメントを残す