Take Me Or Leave Me 和訳 – RENT

RENT の「Take Me Or Leave Me」の歌詞和訳です。

Happy New Yearからはや1ヶ月が経ったバレンタインデー。
MaureenとJoanneが、次のパフォーマンスの稽古をしている場面。乗り気じゃなかったJoanneも、協力している様子です。
実はRENTの曲の中でも5本の指に入る好きな曲。そんなことを前にも書いて、5曲超えてるんじゃなかろうか…。
ライミング(押韻)してるところに下線が引いてあります。マウスオーバー(スマホはタッチ)で、韻を踏んでる単語を表示できます。


MARK:
Valentine’s Day.
Pan across the empty lot.
Roger’s down at Mimi’s, where he’s been for almost two months now,
Although he keeps talking about selling his guitar and heading out of town.
Still jealous of Benny.
God knows where Collins and Angel are.
Could be that new Shanty Town near the river or a suite at the Plaza.
Maureen and Joanne are rehearsing.

JOANNE:
I said once more from the top!

MAUREEN:
I said no!

MARK:
That is, if they’re speaking this week.
Me? I’m here. Nowhere.

(Lights up on the scene.)

JOANNE:
The line is ‘Cyber Arts and its corporate sponsor, Grey Communications, would like to mitigate the Christmas Eve riots.’
What is so difficult…?

MAUREEN:
It just doesn’t roll off my tongue.
I like my version!

JOANNE:
You, dressed as a ground hog.
To protest the ground breaking!

MAUREEN:
It’s a metaphor!

JOANNE:
Well, it’s less than brilliant!

MAUREEN:
That’s it, Ms. Ivy League!

JOANNE:
What?!

MAUREEN:
Ever since New Year’s, I haven’t said boo.
I let you direct, I didn’t pierce my nipples because it grossed you out!
I didn’t sta and dance at the Clit Club that night, ‘cause you wanted to go home…

JOANNE:
You were flirting with the woman in rubber!

MAUREEN:
That’s what this is about!?
There will always be women in rubber, flirting with me…
Gimme a break.

MARK:
バレンタインデー。
がらんとした部屋をパンする。
RogerがMimiの部屋で過ごすようになってからもう2か月ほどになる。
ギターを売って町から出ようかとか言っているにもかからわらずだ。
いまだにBennyに嫉妬している。
CollinsとAngelはどこにいるかは、神のみぞ知る。
新しい貧民街は、川沿いになるのか、はたまたプラザのスイートになるのか。
MaureenとJoanneは、リハーサルをしている。

JOANNE:
もう一回最初から!

MAUREEN:
やだってば!

MARK:
今週は話をしたかと思えばこれだ。
僕?ここにいる。どことも知れない。

(明転)

JOANNE:
「Cyber Artsとそのスポンサー企業Grey Communicationsは、クリスマスイヴの暴動を鎮静化したいものと考えています。」ってセリフ!
これのどこが難しいのよ。

MAUREEN:
自然に言えないってだけよ。
私のバージョンがいいの!

JOANNE:
あなたが、グラウンドホッグの格好をして、
着工に抗議する。

MAUREEN:
メタファーよ!

JOANNE:
まあ、優秀未満ね。

MAUREEN:
その言いぐさ!ミス名門私大様!

JOANNE:
なんですって!?

MAUREEN:
私は新年からずっと文句言わなかった。
言っとくけど、乳首にピアスしなかったのもあなたが嫌がったからよ!
あの夜もClit Clubで踊らなかった!あなたが帰りたがってたから!

JOANNE:
ラバースーツの女といちゃいちゃしてたじゃない!

MAUREEN:
そういうこと!?
いちゃついてくるラバースーツ女なんて、いつだってどこにでもいるわよ!
いい加減にして!

Sponsored Link

MAUREEN:
Every single day
I walk down the street
I hear people say,
“Baby’s so sweet
 
Ever since puberty
Everybody stares at me
Boys, girls
I can’t can’t help it baby
 
So be kind
Don’t lose your mind
Just remember that I’m your baby
 
Take me for what I am
Who I was meant to be
And if you give a damn
Take me baby or leave me
Take me baby or leave me
 
A tiger in a cage
Can never see the sun
This diva needs her stage
Baby – let’s have fun!
You are the one I choose
Folks’d kill to fill your shoes
You love the limelight too, baby
So be mine
Or don’t waste my time
Cryin’
“Honeybear, are you still my baby?”
 
Take me for what I am
Who I was meant to be
And if you give a damn
Take me baby or leave me
 
No way, can I be what I’m not
But hey, don’t you want your girl hot!
Don’t fight, don’t lose your head
Cause every night, who’s in your bed?
Who’s in your bed, baby?
(Pouts in JOANNE’s direction)
Kiss, pookie

MAUREEN:
どんな日でも
私が街を歩けば
聞こえてくるの
「ベイビー素敵だね」って
 
年頃になって以来
誰もが私を見つめるの
男も女もよ
そんなのどうしようもないじゃない
 
だからわかって
やけにならないで
私はあなたの恋人だってこと忘れないで
 
私を受け入れて
こういう性格なの
文句があるっていうなら
受け入れるか、別れるかよ
受け入れるか、別れるか
 
檻の虎は
太陽を見ることができないわ
この歌姫にはステージが必要なの
だからほら、楽しまなくちゃ!
私が選んだのはあなた
みんなは殺してでもあなたの代わりになろうとするわよ
注目されるのは嫌いじゃないでしょ?
だから私のものになって
じゃなきゃ「ねえ、まだ私の恋人?」って泣いたりして
私の時間を取らないで
 
私を受け入れて
こういう性格なの
文句があるっていうなら
受け入れるか、別れるかよ
 
無理、私でない私になるなんて
でもほら、恋人が魅力的っていいでしょ!
けんかはやめて、落ち着いて
だって毎晩あなたのベッドにいるのは誰?
あなたのベッドにいるのは誰なのよ、ねえ?
(Joannneに向けて口を尖らす)
キスして、プーキー。

Sponsored Link

JOANNE:
It won’t work
I look before I leap
I love margins and discipline
I make lists in my sleep
Baby, what’s my sin?
Never quit, I follow through
I hate mess but I love you
What to do
With my impromptu, baby?
So be wise
This girl satisfies
You’ve got a prize
But don’t compromise
You’re one lucky baby
 
Take me for what I am

MAUREEN:
A control freak

JOANNE:
Who I was meant to be

MAUREEN:
A snob, yet over-attentive

JOANNE:
And if you give a damn

MAUREEN:
A lovable, droll geek

JOANNE:
Take me baby or leave me

MAUREEN:
And anal retentive

JOANNE:
その手には乗らないわ
石橋を叩いて渡るのが私
余裕と規律が好きなの
眠りながらでもリストを作れる
ねえ、何が悪いの?
絶対やめない、最後までやるわ
混乱は大嫌いだけどあなたのことは愛してる
どうするの?
私の即興に対しては、ねえ?
だから賢くなりなさい
この私が満たしてあげる
受賞ものよ
でもそれを傷つけないで
あなたは幸せ者なのよ
 
私を受け入れて

MAUREEN:
コントロールフリーク

JOANNE:
こういう性格なの

MAUREEN:
インテリ気取りでしかもおせっかい焼き

JOANNE:
文句があるっていうなら

MAUREEN:
愛すべき、おどけたオタクの…

JOANNE:
受け入れるか、別れるかよ

MAUREEN:
肛門性格!

Sponsored Link

BOTH:
That’s it!

JOANNE:
The straw that breaks my back

BOTH:
I quit

JOANNE:
Unless you take it back

BOTH:
Women

MAUREEN:
What is it about them?

BOTH:
Can’t live
With them
Or without them!
 
Take me for what I am
Who I was meant to be
And if you give a damn
Take me baby or leave me
Take me baby
Or leave me
 
Guess I’m leavin’
I’m gone!

(They both sit.)

BOTH:
もうたくさん!

JOANNE:
今のは私の背中をへし折ったわ

BOTH:
やめてやる

JOANNE:
撤回しない限り

BOTH:
女って

MAUREEN:
いったい何なの?

BOTH:
やってけない
いても
いなくても!
 
私を受け入れて
こういう性格なの
文句があるっていうなら
受け入れるか、別れるかよ
受け入れるか
別れるか
 
行くわよ
じゃあね

(ふたりとも座る)


いろいろ書く場所
気づいたこととか。

  • Maureenの言う言葉はどうにも稚拙で、逆にJoanneの言葉には学がある気がします。
  • Maureenが歌うセリフ「honeybear」は、We’re OkayでJoanneがMaureenに電話口で言った呼びかけ。ちょっと馬鹿にしてるのかも?
  • Joanneの「I look before I leap」は、「跳ぶ前に見よ」という意味のことわざ「Look before you leap.」のもじり。
  • Joanne怒り心頭の言葉「anal retentive:肛門性格」。こんな言葉があるんですね。
    • フロイトが提唱した仮説らしい→Wikipedia
    • 肛門性格は「几帳面、ケチ、頑固、自分の世界を他人に乱されるのを極端に嫌う」らしい。
    • 私は肛門性格の可能性が…!
  • Joanneの「The straw that breaks my back」は、これまたことわざ「The last straw breaks the camel’s back.」のもじり。「藁の最後の一本が、らくだの背中をへし折る」という意味で、物事には限度があるという教訓。

ちなみにこちらは映画版。すごすぎる。

コメントを残す