Light My Candle 和訳 – RENT

RENT の「Light My Candle」の歌詞和訳です。今回はト書きみたいなものも含めて訳しました。
火を借りにMimiがRogerの部屋へ。Mimiが終始主導権を握っています。Rogerが光ったのは、ドラッグ使用をたしなめるところだけ…。

今回も少ないですが、ライミングしてるところに下線が引いてあります。マウスオーバー(スマホはタッチ)で、韻を踏んでる単語を表示できます。


ROGER:
What’d you forget?

MIMI:
Got a light?

ROGER:
I know you, you’re …
You’re shivering

MIMI:
It’s nothing
They turned off my heat
And I’m just a little
Weak on my feet
Would you light my candle?
What are you staring at?

ROGER:
Nothing
Your hair in the moonlight
You look familiar

ROGER:
忘れ物か?(Markだと思い込んで)

MIMI:
火、ある?

ROGER:
君は…
震えてるじゃないか

MIMI:
何でもないわ
暖房切れちゃったから
でもちょっと足が悪いのよね
ろうそく点けてくれない?
何見てるのよ

ROGER:
別に
月明りで君の髪がね
なんか見覚えあるな

(He lights her candle. MIMI starts to leave, but stumbles.)
ROGER:
Can you make it?

MIMI:
Just haven’t eaten much today
At least the room stopped spinning
Anyway
What?

ROGER:
Nothing
Your smile reminded me of …

MIMI:
I always remind people of …
Who is she?

ROGER:
She died
Her name was April

(MIMI discreetly blows out the candle.)
MIMI:
It’s out again
Sorry about your friend
Would you light my candle?

(ROGER lights the candle. They linger, awkwardly.)
ROGER:
Well …

MIMI:
Yeah
Ow!

ROGER:
Oh, the wax, it’s …

MIMI:
Dripping!
I like it
Between my …

ROGER:
Fingers, I figured …
Oh, well
Goodnight

(MIMI exits. ROGER heads back toward his guitar on the table. There is another knock, which he answers.)

(Rogerがろうそくに火を点ける。Mimiは去ろうとするが、よろめいてしまう。)
ROGER:
大丈夫か?

MIMI:
今日はろくに食べてないから
まあめまいは治まったわ
ともかく…
何よ?

ROGER:
別に
笑顔が似てるな…

MIMI:
よく言われる
で、誰に?

ROGER:
死んだ娘
Aprilって名前だった

(Mimiはこっそりろうそくを吹き消す。)
MIMI:
また消えたわ
お友達お気の毒様ね
ろうそく点けてくれない?

(Rogerがろうそくに火を点ける。しかしぎこちなくその場にとどまる。)
ROGER:
さてと…

MIMI:
そうね
あつっ!

ROGER:
おっと、ろうが…

MIMI:
垂れたわ
いいわよね
ここの間に…(自分の足をRogerの股の下に滑り込ませて)

ROGER:
指の間か、そうだよな(逃げるRoger)
じゃあ、まあ
おやすみ

(Mimiが退出。Rogerはテーブルのギターに戻る。と、またノック。)

Sponsored Link

ROGER:
It blew out again?

MIMI:
No, I think that I dropped my stash

ROGER:
I know I’ve seen you out and about
When I used to go out
Your candle’s out

MIMI:
I’m illin’
I had it when I walked in the door
It was pure
Is it on the floor?

ROGER:
The floor?

ROGER:また消えた?
MIMI:
違うの、モノを落としたみたい

ROGER:
やっぱりどこかで君とあってるみたいだ
まだよく外に出歩いてた頃
ろうそく消えてるね

MIMI:
いやになるわ
入ってきたときには持ってたのに
上物なのよ
床に落ちてない?

ROGER:
床?

(MIMI gets down on all fours and starts searching the floor for her stash. She looks back at ROGER, who is staring at her again.)
MIMI:
They say I have the best ass below 14th street
Is it true?

ROGER:
What?

MIMI:
You’re staring again

ROGER:
Oh, no
I mean you do have a nice …
I mean …
You look familiar

MIMI:
Like your dead girlfriend?

ROGER:
Only when you smile
But I’m sure I’ve seen you somewhere else

MIMI:
Do you go to the Cat Scratch Club?
That’s where I work, I dance
Help me look!

ROGER:
Yes!
They used to tie you up

MIMI:
It’s a living

(MIMI douses the flame again.)
ROGER:
I didn’t recognize you
Without the handcuffs

(Mimiは床に四つん這いになってモノ(ドラッグ)を探す。 またRogerに見られており、振り返る。)
MIMI:
14丁目までの中で一番って言われてるお尻よ
どう?

ROGER:
えっ?

MIMI:
また見てる

ROGER:
ああ、いや
その、なかなか…
その…
見覚えあるな

MIMI:
死んだ彼女に?

ROGER:
笑ったときだけね
でもそれよりもどこかで会ってると思う

MIMI:
Cat Scratch Clubには行く?
そこが職場、踊ってるの
手伝ってよ!

ROGER:
ああ!
縛られてた

MIMI:
生きるためよ

(MIMI douses the flame again.)
ROGER:
手枷がないとわからなかったな

Sponsored Link

MIMI:
We could light the candle
Oh, won’t you light the candle?

(ROGER lights it again.)
ROGER:
Why don’t you forget that stuff
You look like you’re sixteen

MIMI:
I’m nineteen
But I’m old for my age
I’m just born to be bad

ROGER:
I once was born to be bad
I used to shiver like that

MIMI:
I have no heat, I told you

ROGER:
I used to sweat

MIMI:
I got a cold

ROGER:
Uh huh
I used to be a junkie

MIMI:
But now and then I like to …

ROGER:
Uh huh

MIMI:
Feel good

ROGER:
Oh, here it …

(ROGER stoops and picks up a small object: MIMI’s stash.)
MIMI:
What’s that?

ROGER:
It’s a candy bar wrapper

(ROGER puts it behind his back and into his pocket.)

MIMI:
二人で明かりを灯しましょう
二人で明かりを灯さない?

(Rogerがもう一度火を点ける。)
ROGER:
そんなもの忘れてしまえ
まだ16とかだろ

MIMI:
19よ!
歳よりも大人よ
ワルになるために生まれたのよ

ROGER:
俺も昔はワルになるために生まれたもんだよ
よくそんなふうに震えてた

MIMI:
暖房切れたって言ったでしょ!

ROGER:
俺もよく汗もかいてた

MIMI:
風邪ひいたのよ

ROGER:
そうかい
俺もジャンキーだった

MIMI:
でも時々…

ROGER:
はいはい

MIMI:
気持ちよくなりたくて

ROGER:
おっとこれは

(Rogerは立ち止まり小さなもの(Mimiの探し物)を拾い上げる。)
MIMI:
何?

ROGER:
お菓子の包み

(Rogerは背後に隠してポケットに入れる。)

MIMI:
We could light the candle

(ROGER discreetly blows out the candle.)
MIMI:
Oh, what’d you do with my candle?

ROGER:
That was my last match

MIMI:
Our eyes’ll adjust
Thank God for the moon

ROGER:
Maybe it’s not the moon at all
I hear Spike Lee’s shooting down the street

MIMI:
Bah, humbug!
Bah, humbug!

MIMI:
二人で明かりを灯しましょう

(Rogerがこっそりろうそくを吹き消す。)
MIMI:
ああ、ろうそくに何するの!

ROGER:
あれが最後のマッチだった

MIMI:
目は慣れるわ
お月様を神に感謝だわ

ROGER:
月のおかげじゃないかもしれないぞ
Spike Leeが通りで撮影してるらしい

MIMI:
くだらない
くだらないわ

(MIMI places her hand under his, pretending to do it by accident.)
ROGER:
Cold hands

MIMI:
Yours too
Big like my father’s
Do you wanna dance?

ROGER:
With you?

MIMI:
No
With my father

ROGER:
I’m Roger

MIMI:
They call me …
They call me Mimi

(They come extremely close to a kiss. MIMI reaches into his pocket, nabs the stash, waves it in front of his face, and makes a sexy exit.)

(Mimiは手を、Rogerの手の下に滑りこませる。Rogerはそうならないようにしていた。)
ROGER:
手冷たいな

MIMI:
あなたのも
大きい
お父さんのみたい
踊る?

ROGER:
君と?

MIMI:
お父さんとでも踊るわけ?

ROGER:
俺はRoger

MIMI:
私は
私はMimiって呼ばれてる

(キスできるほどに近く寄る。MimiはRogerのポケットに手を入れ、探し物を手に取り、彼の目の前でひらひらとさせる。そしてセクシーに退場。)


お気に入りは、Rogerの「I once was born to be bad」の部分。
気づいたこととか。

  • オペラ「La Bohème」の第一幕にも、Mimiが火を借りたり探し物をしたりという場面があります。
  • Rogerが言う「You look familiar (見覚えある)」は、ナンパの常套句。Mimiはそれを聞いてうんざりしています。ただ、誰に似てるか聞くと「死んだ」とか言われてちょっとびっくり。
  • マンハッタンは、南から順に1,2,3とstreetがあります。日本語だと「丁目」になるようです。「below 14th street」はつまり「14丁目以南」。結構広い範囲です。Mimiのケツ恐るべし。
  • Rogerの「I once was born to be bad(俺も昔はワルになるために生まれたもんだよ)」は、「ワルになるために生まれた!」とか言ってはしゃぐMimiを横目に「あーはいはい」みたいな感じ。皮肉が効いてます。Rogerもまだ若いでしょうが、19(16に見えるし、19っていうのの本当かどうか)の小娘には負けませんね。
  • 最初は「Would you light my candle?」だったのが、「We could light the candle」とかに変化していっています。最初は文字通りろうそくに火を点ける話だったはずですが、ろうそくを恋心に暗喩しています。
    • ただ、それを「ドラッグはよせ」とかで振り切ろうというRoger
  • Bah, humbug! は、1843年の有名な小説「A Christmas Carol」の主人公Ebenezer Scroogeの口癖。よくある「クリスマスへの不平」を表すキャッチフレーズらしい。


コメントを残す