Zak and Sara 和訳 – Ben Flods


今回は Ben Folds の Zak and Sara の歌詞和訳です。
rockin’ the suburbs の2曲目ですね。
1曲目のAnnie Waitsと同様にイントロが印象深いです。

少しですが、韻を踏んでいる部分にマークを付けました。
さて、行きます。


sara, spelled without an “h” was getting bored
on a peavey amp in 1984

while zak without a “c” tried out some new guitars
playing sara with no “h’s” favorite song

la da da
zak and sara

hなしのSara(サラは普通Sarah)は、1984年にできたPeavey製のアンプに座って飽き始めていた
cなしのZak(ザックは普通Zack)はというと、新しいギターをとっかえひっかえ、
hなしのSaraの好きな曲を試し弾きしていたいたのだ

らだだー
ZakとSara

Sponsored Link

often sara would have spells where she lost time
she saw the future
she heard voices from inside

the kind of voices she would soon learn to deny
because at home they got her smacked

la da da
zak and sara

Saraは時間を無駄にするようなひとときを過ごすとき
彼女は自分の内側から声が聞こえてくるだろうことがわかっていた

そんな声を、彼女はすぐに否定することを覚えた
家にいるとき、それは彼女をぶちのめすからだ

らだだー
ZakとSara

zak called his dad about layaway plans
sara told the friendly salesman that
“you’ll all die in your cars”
and “why’s it gotta be dark?”
and “you’re all working in a submarine, asshole!”

Zakはお父さんに電話して頭金の相談をした
Saraは親切な店員に言った
「あんたたち全員車の中で死ねばいいんだわ」
「なんでこんなに暗くなきゃいけないの?」
「潜水艦の中にでも働いてるんだわ、ばっかみたい!」

Sponsored Link

then she saw the lights
she saw a pale english face
some strange machines repeating beats
and thumping base

visions of pills to put you in a loving trance
that make it possible for all white boys to dance
and when zak finished sara’s song
sara clapped

la da da
zak and sara

そうしたら明かりが点き
真っ青な英国顔が見えた
へんてこな機械がリズムを刻んで
ベース音を鳴らしている

クスリが効いてハイになると
白人男子を踊らせることができる
ZakがSaraの好きな曲をやめたとき
Saraは拍手した

らだだー
ZakとSara


難しいですね…。

この曲について調べてたら、ベンちゃんのインタビューらしきものを見つけました。


“I was thinking of these kids growing up in the Midwest. A 16 year old boy plays guitar and his girlfriend has to sit and watch him play all day. She just buzzes there and listens like she had nothing better to do. Maybe the girl is also writing songs and she has this idea in her of music that will happen in 20 years time. She really has some good ideas. But she is not saying anything, cause she is supposed to listen to her boyfriend. And he is playing music that was written 20 years ago.”

“I remember going to music stores when I was in high school, and there was always some guy playing guitar while his poor girlfriend had to sit on the amp and watch his dumb ass for two hours. And I thought, ‘Man, I would never do that to my girlfriend.’ And that’s the basis of the song. There’s probably something wrong with Sara. At the same time, she’s seeing some truth. There’s no truth coming out of Zak. Sara’s a little crazy, but she’s having visions of techno music in the future. And she’s sitting there inventing techno while Zak’s playing ‘Dust in the Wind.'”

中西部で生まれ育った子供たちを考えていたんだ。16歳の男の子は、ガールフレンドを座らせて、自分がギターを一日中弾いてるんだ。彼女はほかにすることもないから、行ったりきたりしながら聴いている。もしかしたら彼女は曲を書くかもしれないし、20年間でつちかった音楽についての考えも持ってるんだ。彼女は本当にいい考えを持ってる。でも、何も言わないんだ。だって曲を聴かなきゃいけないから。しかも20年も前の曲をだ。

僕がハイスクールのときに音楽店に行くと、必ずといっていいほど、かわいそうなガールフレンドをアンプに座らせて、ギターを2時間くらい弾くようなボンクラがいたことを覚えてる。僕は思ったんだ。「おいおい、僕だったらガールフレンドにそんな仕打ちはしないぞ」って。
このことがこの曲のベースなんだ。Saraにはちょっとおかしいところがあるかもしれない。同時にSaraはある種の真実を見極めてる。Zakにはそれがないんだ。Saraはちょっとおかしい。でも将来のテクノミュージックに関して展望を持っている。彼女はZakが”Dust in the Wind(カンザスの曲。放題「すべては風の中に」)”を弾くのを聴きながら、テクノの曲を創作してるんだ。


なるほど、わからん。
ロッキン・ザ・サバーブズ(期間生産限定盤)

コメントを残す